« 『早川の四季を詠む 〜俳句・短歌・川柳展』 | トップページ | 『早川の四季を詠む 〜俳句・短歌・川柳展』 »

『早川の四季を詠む 〜俳句・短歌・川柳展』

Bungei4

最近村のなかで鹿をよく見かけます、、、
10年位前では、ほとんど見ませんでした。
今年の夏には、cocorotoの駐車場に、
交通事故の鹿が倒れていました。
早朝や夜には、道端で草を食む姿をよく見ます。
だんだん里と山との境が無くなってきた事で、
野菜を作る方にとって獣害問題が深刻になっています。

そんな里山の暮らしを詠んだ句を紹介します。

今日の一句♪


早朝の畑見廻れば囲い網

   大きくゆれて子鹿荒れいる』

今日は、もう一句♪


必死ならむ網を破りて逃げし後

    犬が来りて追ひて行きたり』

12月12日(日)まで開催しています。

 


|

« 『早川の四季を詠む 〜俳句・短歌・川柳展』 | トップページ | 『早川の四季を詠む 〜俳句・短歌・川柳展』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『早川の四季を詠む 〜俳句・短歌・川柳展』:

« 『早川の四季を詠む 〜俳句・短歌・川柳展』 | トップページ | 『早川の四季を詠む 〜俳句・短歌・川柳展』 »