« ♬「赤沢の歴史と古民家修復展」古材販売中♬ | トップページ | 珍しい和釘の世界も紹介しています。 »

100年前の古材で一輪挿しを制作しました。

Akat2_2

現在開催中の「赤沢の歴史と古民家修復展」に合わせて、
古材を使った作品を制作しました。
素材は、マツの木です。
木工旋盤で削った後に、中心にガラスの試験管を入れて、
表面は、柿渋を塗って仕上げました。
古材の表情と柿渋は、良く合います。

Akat1_2

早川の河原に沢山の蔓や種、実がありましたので、
飾ってみました。
♬ウメモドキ、バラの実、山芋の種、野葡萄、その他、、、♬
秋の植物は、
色も形も奇麗で楽しいです。




|

« ♬「赤沢の歴史と古民家修復展」古材販売中♬ | トップページ | 珍しい和釘の世界も紹介しています。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100年前の古材で一輪挿しを制作しました。:

« ♬「赤沢の歴史と古民家修復展」古材販売中♬ | トップページ | 珍しい和釘の世界も紹介しています。 »