« 山日新聞に紹介記事が載りました | トップページ | 『日本一硬い木で素敵な道具を作ろう!』 »

7月の企画 体験教室のお知らせ

Zunboutaiken

縦長に長〜い土地を持つ早川町。
県道南アルプス公園線をず〜っと登っていきますと、『奈良田』という地区に辿り着きます。
現在此処には、濃緑色の水をたたえたダム湖がありますが、興味深い伝説が数多く残されてる歴史ある土地柄でもあります。
その興味深い伝説のお話は、追々するとして・・・・・、
7月に、この奥深い山で育った『オノオレカンバ』(別称:ミネバリ)と呼ばれる木を使った木工教室をします!というお知らせです。
オノオレカンバ、その名の如く『斧が折れる程硬い樺の木』です。
今回は、樹齢350年近い材を使います。日照時間も短く、寒暖の差が激しい奈良田の土地で悠久の時を生きた材を使って、何世代にも渡って使える道具作りをしてみましょう!
毎日使うお箸には、丈夫なオノオレカンバは最適です。使い込む程に味わいを増すスプーンも如何ですか? 奈良田に伝わる昔ながらの独楽作りもあります。
本日より予約を受け付けますので、皆さん是非御参加下さい。

予約は、メールかお電話にて受け付けます。

TEL 0556-45-2770

E-Mail  nuage@h5.dion.ne.jp  (渕上まで)

ところで『奈良田』って、山梨県なのに何故『奈良』という字がつくのでしょうね?

実は、奈良田には興味深い伝説がいくつもあるんです。

このお話は、またいずれ・・・・・・。

|

« 山日新聞に紹介記事が載りました | トップページ | 『日本一硬い木で素敵な道具を作ろう!』 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1367077/35304851

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の企画 体験教室のお知らせ:

« 山日新聞に紹介記事が載りました | トップページ | 『日本一硬い木で素敵な道具を作ろう!』 »